会計システムとは、法律上で定められている帳票の出力や、税務所へ会計報告をサポートするシステムのことです。そして、会計業務に含まれている細分化された項目のひとつを管理会計と言います。管理会計は主に経営の舵取りをするために必要な会計の事を指し、厳格なルールや制限もありません。管理会計では、その会社に合った形式でレポートや計画書を作成します。会計システムでは、予算管理やプロジェクトの管理など、会計の大変な部分をサポートするサービスであったり、ソフトであったり、バッケージであったりします。昔は機能も種類も少なかった会計システムですが、昨今では様々な選択が出来るようになっています。先述したように、管理会計は会社の業務内容や展望によって違いの出るものなので、会計システムを導入する際は自社にあったシステム選びをする必要があります。

財務会計と管理会計の違いを理解して会計システムを導入する

会社が行う会計活動は、財務会計と管理会計の二つに分かれます。財務会計では、投資家、債権者、徴税当局など、外部の関係者へ開示するために作成されます。財務会計は、主に投資家が投資に関する判断をする際に参考にするものとして用いられます。決算書を会計基準に従って作成し、定期的に開示する必要があります。管理会計では、社内の業務プロセスから会計データを収集して整え、分析してレポートを作成します。例えば、新しく仕入れた商品の売上は目標を上回っているか、導入したサービスが想定通り機能しているかなど、管理会計に用いられる情報や形式は会社によって違います。財務会計が社外に向けて提示される会計情報であれば、管理会計は社内に向けて開示される会計情報です。管理会計に決められた形式はありません。自社で扱いやすく参考にしやすいレポートや報告書が用意出来れば良いので、会計システムも導入しやすいでしょう。

管理会計と会計システムを導入して経理コストを削減

管理会計は、普段からの積み重ねが重要であり、個々のデータは活用しやすい形にして残しておく必要があります。そのため、会社に合った会計システムの導入を検討する事が必要不可欠なのです。今は会計システムもかなり多様化し、インターネット上で登録から活用まで出来るサービスもあれば、システム会社に依頼して会社にあったシステムを構築してもらう事まで出来るようになりました。内容も、コスト把握に特化したもの、予算管理に特化したもの、細分化したデータを活用する事に特化したものまで様々です。会計活動は、会社を運営するにあたって必須と言えます。しかし会計基準が厳格で難しいものであったり、扱うデータが膨大で活用が難しいものであったりと、かなり煩雑で書類の作成にも時間が掛かるものがほとんどです。経理の負担を軽くし、今後の見通しを正確に立てるためにも、会計システムの導入をお勧めします。