会計システムというのは、会社法や金融商品取引法、法人税法などの法律で定められている帳票の出力や、税務所への報告の機能が備わっているシステムのことです。仕訳の入力や決算書作成といった会計業務に携わるシステムであり、最終的にそれらを財務会計に対応させていきます。そしてこのシステムを活用しているのは、会社の中の経理部署がメインです。会計システムの機能とは、自社の財務会計に対応している仕訳入力や元帳出力、決算書出力、仕訳データ取込などの機能面と、取引先への対応が目的の売掛と入金情報、買掛と支払情報の登録管理をする機能面の2つがあります。それに対して管理会計というのは、経営のための意思決定や業績の評価などに役立てるもので、外部に向けて情報を提供することを目的にはしていない、企業会計の一種であります。

会計システムで扱う財務会計と管理会計は対義語の関係です

管理会計の情報というのは、会計システムが扱う財務会計のように外部に向けて提出する情報とは異なり、会社の内部だけで公開する機密情報という扱いになることが多いので、この点において管理会計と財務会計は対義語の関係です。また管理会計上の情報は、財務会計のように企業会計の原則や商法などの法律によって内容が規制されることはありません。財務会計を会計システムでする時には、法に照らし合わせて外部に向けての情報であるために、スムーズなお金の入出金の流れや、提出物などへの定められた表記などを、正確でスピーディーに大量のデータを外部に見やすく整理する必要があります。昔だと大勢の経理の人間の労力や時間を費やしてきた会計業務を、今では会計システムが多くを担ってくれることにより、企業にとっても大変役立っているのです。

会計システムを導入して財務会計や管理会計の向上に努めましょう

会計システムの導入に関しては悩むことも多いと思います。多くの経理業務を限られた人や時間でしていく場合は、会計システムを効率的に活用することが必要にもなるでしょう。ただし財務会計に携わるために、税制の改正などの法制度の変更にシステムは大きな影響を受けてしまうので、思い切ったシステム導入に躊躇される企業もあるでしょう。先行きが不透明な時代だと、この問題の見極めは難しいでしょうが、いつまでも導入を見送るとまた別のリスクやコスト面の肥大化に繋がるかもしれません。会計システムを導入することで、経理や経営の両観点から向上できることが多い場合や、法制度やIT環境の変化にもある程度は対応していけそうな場合、管理会計を含めた会社経営の成長が見込める場合などが、積極的に導入しても良いかどうかの1つの判断ポイントになるでしょう。