企業会計は財務会計と管理会計の二つに分類されます。財務会計とは、企業外部の利害関係者株主や債権者、投資家などに情報提供することで、会計事務所や税理士や企業の経営者や経理担当者などをサポートする会計システムのソフトウェアがありますが、会計事務所・税理士向け、中小企業向け、個人事業主向けなど職種や会社の規模に合わせたものが何種類もあります。企業会計原則などいろいろと規制されることが多いものです。管理会計とは、会計システムとは違って経営陣が業績測定や業績評価のために使うものであるため会社独自のものであることが多く、規制もほとんどなく企業内部に向けた会計情報を提供します。内部に向けたものなので、公にはならないものです。誰に情報提供しているのかを考えたらどちらのものなのかわかりやすいです。

会計学には管理会計とは財務会計システムがある

管理会計以外の財務会計システムは会計事務所や税理士や企業の経理担当者などを手助けするものです。企業の規模や拡張性などから最適なシステムとオプションを選びます。建設業や医療業の特有の会計処理にも対応できるものがあります。慣れた人や初心者でも使いやすいものが人気です。当然のことですが、システム導入前には準備が必要ですし、導入した後は担当者が早く慣れるように使い方の説明を受けます。スキルアップのためにセミナーなどの研修会に参加して経理、財務のことについて勉強するチャンスがあります。年末調整の申告や確定申告のためのソフトもありますので、必要に応じて導入を検討してください。簡単に確実に行うことができます。年末や年度末の決算時には役に立つことがあるはずです。固定資産の管理や預貯金の管理ができるものもあります。

企業の管理会計以外の会計システムを扱う経理

管理会計以外のお金を扱う部署なので、1円でも失敗は許されません。表にでて仕事している姿を人に見せることも少ない部署ではありますが、企業にとっては大蔵大臣みたいな感じで、見えないところで企業の経営を支えるのが主な仕事です。パソコンスキルも必須です。企業経営が健全なものであるかの判断材料を発信することも大切な仕事です。大変な仕事をしている感じがする経理ですが、会計システムを使えば慣れていない人でも簡単に扱うことができます。慣れている人ならもっと簡単に扱うことができるはずです。複雑な仕事程簡単に扱えるようにしておけばミスが無くなるはずです。完璧な仕事ができると達成感で満たされます。スキルアップを目指して専門家が講師を務めるようなセミナーや研修会などはどんどん受けてください。