会社を経営していく上で、会計システムの運用は目的ごとによって分類されます。一見同じようにも見えますが、書類を作る上での作成目的をきちんと理解してから作らないと、効率的に正しく作ることができません。管理会計を管理するための会計システムを運用する際には、企業秘密の多くが集約された書類であるという事を覚えておいて下さい。現在の売り上げの内訳や、詳細を掘り下げた書類を経営陣が使用し、利益を出すための経営と、不利益を減らすための経営戦略や運営の意向を決定するのに役立てます。管理経営は基本的に外に出ることがない性格上、具体的な数字の記載欄の他に補助項目を必要とする場合が多々あります。既存の会計システムを管理会計に使用する場合は、必要項目に漏れがないかを確認してから運用した方が良いでしょう。

会計システムと管理会計の違いの一例

企業全体の会計システムは、管理会計と財務会計に分けられます。管理会計は、前述した通り社内に向けられた会計情報です。財務会計は、財務諸表など社外に向けた説明のための会計書類で、閲覧する対象は株主などの利害関係者や、徴税当局などの公的機関です。管理会計と財務会計のシステム運用上の大きな違いとなるのが、商業取引法やその他の商法などの規制を受けるか受けないかになります。根本的に性格が大きく違う書類なので、それを理解して会計システムを分けて運用する会社が大多数です。性格が大きく分かれる二つの会計システムですが、これらの内容のズレが多すぎると今度は粉飾決算の問題が発生します。企業の財務状況を誇張して報告することは、後々のトラブルの元です。財務会計にある原価の数値と管理会計にある原価の数値に食い違いが無いよう、注意しなければなりません。

管理会計には具体的にどんな計算法があるのか

管理会計を構成する会計システムの内容は、原価会計と予算管理の二つである事がほとんどです。原価計算は、企業が生み出す商品一つあたりにかかった様々な材料費や人件費などの費用の内訳です。内訳を読んで費用のコストダウンや能率化が可能かを検証し、製造費以外の販売や管理のための費用を含めた費用を加算して総原価を定めます。予算管理は、期間の区切りごとに必要とされる予算に関する管理計算法です。内訳として収入と見積もりのバランスを再確認し、前述した原価計算を含めた諸費用のスケジュールを計算して概算を出します。予算会計と原価会計の書類の正確さが、その後の企業の命運を分けるといっても過言ではないです。大きく分けてこの二つですが、最近は経営陣がより明確な意思を内部の人間に示すために、経営計画書や業務評価を数値化して目標として掲示する企業も増えてきました。