企業の会計に関わる人であれば、会計システムという言葉を聞いたことがあるでしょう。それと同時に、最近では管理会計という言葉もよく聞かれるようになりました。組織が多岐に及んでいる大企業で行われていることが従来だった管理会計ですが、近年、中小企業でも取り入れられるようになってきました。同じ意味に感じるかもしれませんが、会計システムが主な目的としているものと管理会計とでは違いがあります。そもそも会計システムとは、商法や会社法などの法律で定められている方法で帳票出力をする、伝票を入力する、そして決算をするという3つが主な機能となっています。そしてそれらの機能が目的としているのは、主に財務会計への対応です。企業には会計システムが目的としている財務会計と、企業の規模に関わらず導入されつつある管理会計という2種類の会計があります。

会計システムよって作成された財務会計と管理会計の違い

会計システムの機能が目的としている財務会計と管理会計の2つは、誰に向けたものであるかということが大きな違いとして挙げられるでしょう。財務会計では、第一に企業が活動した成果を損益の決算書など財務諸表として報告することを目的としています。そして、それは株主や取引先、債権者、仕入先といった外部のステークホルダーと呼ばれる関係者の報告のために使用されます。例えば貸付金や売掛金のある銀行などの債権者にとっては、財務諸表は与信の管理のために必要不可欠のものです。また企業の会計では、外部のステークホルダー間での利害を調整することも重要な務めといえるでしょう。財務会計は決算期ごとに作成されますが、経営状況を企業間ごとに比較することができるように一定のルールをもって作成されることも特徴であるといえます。

今後注目すべきツールである管理会計の会計システム

会計システムの機能によって外部のために作成された財務会計とは異なり、管理会計は企業内部で経営を管理している立場の人たちを対象としています。経営者や部門ごとの管理者などに対して、今後どのように企業経営を行っていくか経営の管理に役立つ情報を提供しているといえるでしょう。財務会計が過去の実績の確認とするのであれば、管理会計は企業の未来を決めるための舵取りになくてはならない情報となります。また、あくまで企業内で使用する資料であることからルールや制限もありません。ただし、最近では管理会計の会計システムを提供している企業も出てきました。まだまだ発展の余地のある分野ではありますが、管理会計をより効率化できるメリットもあります。今後も激しく変化するビジネスの状況に対応していくためにも、注目していくべきシステムツールであるともいえるでしょう。